マンスリーマンション知っておくことは?

すぐに住める!マンスリーマンションのメリット

長期出張や仮住まい等に、気軽に入居できるのがマンスリーマンションです。その名のとおり月単位で借りることができ、通常の賃貸契約よりも手続きが簡単です。しかし物事にはメリットとデメリットがあるもの。利用する前に是非ともその両方を知っておきたいところです。
まずメリットですが、家具・家電つきのため着替えなどの最低限必要なものを持ち込みさえすればすぐに生活が始められるということが挙げられます。入居する部屋に合わせて家具を揃えるのは、時間もお金も結構かかります。その手間を省けるのは大きな魅力です。
更に通常の賃貸と違って敷金・礼金・更新料が不要なうえ、保証人を立てる必要もありませんので面倒な手続きもいりません。入居する際の審査も厳しくないので、スムーズに入居ができます。

意外と割高?マンスリーマンションのデメリット

続いてデメリットですが、ほとんどはメリットの裏返しになります。
家具・家電つきということは自分好みのインテリアにできないということでもあり、こだわりのある人にとってはつまらないかもしれません。保証人が不要で審査が厳しくないということは誰でも入居できてしまうということでもあり、住人のモラルが不安な場合もありえます。
家賃も安いイメージがありますが、近隣の賃貸物件の相場と比較して割高な場合も少なくありません。借りる期間によって割引が利くこともありますが、必ずしもお得ではないのです。
そして、敷金・礼金・更新料が不要で家具・家電つきなら初期費用がかなり安くなりそうだと思いがちですが、家賃は契約期間分を一括前払いが基本のためある程度まとまったお金が必要になります。毎月家賃を振り込まなくていいのはメリットですが、契約期間によっては金額が高く一括で払うのは大変です。また、契約期間中に解約したければ違約金が必要になるなど面倒な部分もあります。
マンスリーマンションの利用を考えるならメリットとデメリットの両方を知って、どれぐらいの期間住むのかといった条件と照らし合わせてみましょう。